繁盛店づくりのプロフェッショナル

entry1 ナチュラ 武蔵小杉店 / イタリアン酒場

NATURA イタリアン酒場 武蔵小杉店

ナチュラ 武蔵小杉店 / イタリアン酒場

 

 

楽しんでもらうための工夫が店中に!

 

独自のパフォーマンスが

 

人を惹き寄せる

 

平日の夕方から、イタリアン酒場「ナチュラ」前にはずらりと行列ができる。ビジネスマンが多い武蔵小杉にナチュラがオープンしたのは2010年8月。瞬く間に人気店になった理由は、人の温かさと他の店では味わえない“パフォーマンス”にある。

 

ナチュラはお客様を“チーム力”で楽しませる。例えばホールスタッフが「そちらのお料理はソースがたっぷりなので、バケットにつけても美味しいですよ」と提案する。オープンキッチンでは「どんな風に食べたいですか? 好みの味つけは?」と聞きながら、新鮮な食材を豪快に調理してカウンターのお客様に魅せる。そのちょっとした一言で、お客様のテンションはガラリと変わるそうだ。また、会話や挨拶をするときは

、必ずお客様と目を合わせることを徹底している。それはアルバイトでもキッチンの一番奥にいるスタッフでも同じだ。長い時間お並びいただいてるお客様への声かけや、料理の提供が遅れてしまったお客様への一言など、細かいフォローも忘れない。店内での会話はラフだが、お見送りは丁寧に。「美味しかった」、「楽しかった!」と、お客様の方から握手やハイタッチをしてくれることも珍しくないという。

 

「とにかくお客様には楽しんでほしい」と話す小池店長は、スタッフの教育にも熱を入れている。スタッフがノートに日々の反省を書き込むと、必ず目を通してコメントを返す。新しい食材や新メニューのおすすめの仕方を細かくボードに書き込む。お客様への心のこもった接客はもちろん、スタッフ同士が思いやりを持ち、一日一日いい営業ができるよう意思の疎通を徹底している。

 

店づくりも独特だ。店頭左手には新鮮な魚介や野菜、右手には自家製サングリアを並べ、入店時に食材の説明をする。店内には所狭しとポップを飾り、壁には人気メニューのランキングを貼り出す。旬な食材を使った日替わりや定番など、豊富なメニューで何度来ても飽きさせない工夫をしている。

「飲食店だから料理が美味しいことは当たり前。そこに愛情のある接客が加わることで相乗効果が生まれるんです」

 

 

店 長     小池 友之さん 総料理長  配島 聡さん 「常連様にも、今日来てくれた方には今日の楽しみ方を提供したい」と話すふたり。スタッフの教育にも力を注ぎ、独自の接客スタイルで活気ある店づくりをしている。

店 長 小池 友之さん
総料理長 配島 聡さん

 

 

店 長  小池 友之さん

総料理長  配島 聡さん

 

「常連様にも、今日来てくれた方には今日の楽しみ方を提供したい」と話すふたり。スタッフの教育にも力を注ぎ、独自の接客スタイルで活気ある店づくりをしている。

 

 

 

 

 

 

 

NATURA イタリアン酒場

 

 

名称ナチュラ イタリアン酒場 武蔵小杉店
TEL044-722-0088
営業時間17:00〜25:00(Last Order 24:00)
定休日月曜
URLhttp://natura-group.co.jp
住所神奈川県川崎中原区小杉町3-428-6 山協ビル1F
店内面積13.8坪
席数26席 立ち飲みスペース約8名分
客単価 3,500円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top