繁盛店づくりのプロフェッショナル

Designer 羽石 武生

FEATHER STONE HOUSE CO.,LTD. 代表取締役(フェザーストーンハウス株式会社) 羽石 武生
羽石 武生

FEATHER STONE HOUSE CO.,LTD. 代表取締役(フェザーストーンハウス株式会社)

 

Profile
1979年生まれ、東京都出身。大手建設・施工会社を経て、2008年に絆カンパニーを設立。2013年FEATHER STONE HOUSE CO.,LTD.に改名。一級建築士。商業施設士。照明コンサルタント。東京デザイナー学院の非常勤講師も務める。

 

“心”を“結”。想いを未来へ結びつけることが、私にできる唯一の志事

 

高校生になったころ、羽石武生氏に親はなかった。自分は長男。妹や弟の面倒を見ながら、朝から晩まで仕事をいくつもかけ持ちし、家族の暮らしを支えた。「今も仕事で徹夜続きはザラですが、あのころの苦労を思うと、なんてことないですね」と静かに微笑む。

 

そんな羽石氏のデザインテーマは「家族の愛」。常に頭にあるのは、いかにすれば、集う人々を温かな愛で包み、幸せな気持ちになってもらえるか。「雰囲気のいい店で、もめている人を見たことはないですよね。そこにいる人の誰もが和み、穏やかな気持ちになれる店をつくっていきたいのです」。また、「取り壊されたとき、『ここに何の店があった?』と印象のない店はつくりたくない」とも。「人の記憶に残る店、目印になる店をつくりたい。ほとんどの場合、人が家を建てるのは一生に一度のことですよね。それと同じ。店も、流行に合わせてつくり、人気がなくなったら壊すのではなく、『どうしてもこの店をつくりたい』という強い気持ちを持っている人と一緒につくり上げていきたいですね」

 

羽石氏が大切にしているのは、その店の持つストーリーだ。コンセプトというより、物語というべきか。物語が動き出すと、店も動き出す。その物語を見つけるのに欠かせないのが、オーナーとの会話だ。「話の中にたくさんのヒントが詰まっています。そのヒントを見つけ出し、肉付けし、具体的にデザインに落とし込んで形にしていくのが、僕の仕事です」

 

そんな羽石氏から、あるアドバイスがある。「ケースバイケースですが、オーナーさんも現場に行き、可能な範囲で作業を手伝ってみてはいかがでしょうか。人は心。一緒に頑張ると、いざというとき、職人さんは助けてくれます。あるとき、『お金がないから両サイドは塗れないね』と、手伝いに来ていたオーナーさんと話をしていたら、横で話を聞いていた左官屋さんが『これだけはサービスだよ』と、塗ってくれたこともありました。人情って、やっぱりあるもの。自分がそこまで関わった店ですから、そう簡単には潰せません」

 

妥協はしたくないと語る羽石氏。「お金がなかったからできなかったと諦めるのではなく、『予算がなかったけれど、これで十分いいものになった』と満足してもらえるものをつくりたい」と言う。ナンバー1ではなく、オンリー1が身上。生半可な風にはビクともしない、熱き炎を心に秘めている。

 

image

 Always SO-BA 立ち食いそば屋(府中市片町)

「いつもそばに」という1文で物語は動き出した
オーナーは何の店にするか決めていなかったが、「大事な人はいつもそばにいる」という言葉が浮かんだ。そこで“そば=SOBA”で、肉そば専門の立ち食いそば屋に。ストーリー好きな羽石氏らしい。今まで手掛けた店舗の中でも最小の3坪のスペース。だからこそ、レイアウトは考え抜いた。

 

image

 Mammy’s tummy ダイニングバー(横浜市中区)

母胎を思わせる温かみが、最大のおもてなし
店名の意味は「妊婦のおなかの中」。オーナーにとって3店目の店で、原点回帰の気持ちを込めたいというリクエストがあり、羽石氏が命名。1階にはカウンター席とテーブル席、奥の階段を上った2階にはソファとテーブルがあり、外にはテラス席も。風が気持ちいい季節には、テラス席がにぎわいを見せる。

 

image

  Rumbullion バー(町田市原町田)

海賊がラムで乾杯しているかのような隠れ家バー
ラム酒は200種以上と、品揃えが豊富なバー。店名は、ラムの語源であり、古い英語で「興奮」という意味を持つ。ラム酒の瓶のラベルには海の男たちが多いことから、海賊たちが船内でひしめき合う怪しげな雰囲気を表現。

 

image

  お菜処 六花  小料理屋(横浜市神奈川区)

人が思わず集いたくなる気持ちが和む店構え
羽石氏が初めて手掛けた店舗。入り口の造作壁は木と左官仕上げで、ほっこりとした明かりを配し、外からも家庭の温かみを感じさせる演出を施した。オーナーからは、8割「和」、2割「モダン」とのリクエスト。和の柔らかさの中に、直線を生かした家具でモダンさを加えた。

 

 

名称FEATHER STONE HOUSE CO.,LTD.
(フェザーストーンハウス株式会社)
TEL042‐400‐5819
営業時間8:00~20:00
定休日不定休
URL
住所東京都多摩市関戸2-24-23 富澤ビル2階
設立
従業員数
対応エリア全国
施工実績 FOOT PRINT(ダイニングバー)、せきよし(居酒屋)、RELIEF(ダイニングバー)、赤尾飯店(中華料理)、クレデュ(ヘアサロン)など

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top