繁盛店づくりのプロフェッショナル

Designer 久保寺 奨

Professional Designer

 久保寺 奨

久保寺 奨 designista-s 

■主な経歴■

1977年生まれ

2007年デザイン事務所に就業

2009年デザイン事務所退社

   フリーランス活動開始

2012年designista-sとして活動開始

■事業内容■

飲食店舗のデザインを中心に、他の業種にも対応。

店舗開業に付随するグラフィック関連も手掛ける。

過去、単身者向け賃貸物件情報誌「おうちの情報」にて連載。

 

 

オーナーの個性を最大限に輝かせる空間をつくりたい

「学生時代はサッカーに明け暮れ、実業団の選手として活躍したという異色の経歴の持ち主であるdesignista-s代表・久保寺奨氏。実業団引退後は会社勤め、デザイン事務所勤務を経て店舗デザイナーとして独立を果たす。スポーツ選手からデザイナーへ、畑違いのジャンルへの転身は容易ではなかったが、持ち前の行動力とセンスで技術を独学で習得。インテリアコーディネートについても学び、デザイン事務所時代は営業職も経験する。現場を歩き、オーナーたちと飲ミニケーションを重ね、経営者の本音を肌で学んできたという。「回り道もみな勉強になり、大きな糧となった」と久保寺氏は振り返る。

 

image

  CHAR COAL BAR BUSUIYA 創作炭焼きバル(吉祥寺)

 

主役が最高に輝くステージを創造する

店舗のデザインにおいて、彼がもっともこだわっていることはなにか。「やっぱり格好よさ、ですね。デザインとしての格好よさはもちろんですが、そこに立つオーナーがいちばん格好よく見える店でないと。主役の個性や魅力を最大限輝かせるステージをつくることが、僕の使命だと思ってます」。だからこそ、久保寺氏はお客様とのコミュニケーションを大切にしている。何度でもディスカッションを重ね、お客様の魅力を追究していくことで、デザインの方向性を具体化していく。その人らしい“格好よさ”が形になるにつれ、お客様の美意識、こだわりも共にアップしていくこともしばしばだ。

 

image

  肉や しるし 居酒屋(四ツ谷)

 

感動を生む空間づくりをサポートしたい

「一辺倒で没個性なデザインは好きじゃない」という久保寺氏。2012年12月に開店した吉祥寺の『CHAR COAL BAR BUSUIYA』を手掛けた際には、凸型の物件を各コーナーごとにシーン分けすることで、個性と多様な使い勝手を実現。個性的でフランクなオーナーの人柄を反映した空間となった。「いいお店は空間に遊びがある。遊びがあるからこそ、そこで何時間も働くスタッフが生き生きと過ごせる。生き生きとした人がいる店には、また何度でも食べに行きたくなる。それがいい空間であり、繁盛につながると考えます」。たとえば大切な女性をエスコートして行きたい店。素敵な空間で過ごした時間が思い出になるような店。そんな感動をつくる“格好いい店”こそ、久保寺氏の目指すところだ。今後は地元である府中エリアに、大人が素敵な時間を過ごせる空間を増やしていきたいと考えている。その先駆けとして、2013年9月には東府中に「焼肉ダイニング ビンクロ」がオープン予定だ。

 

image

  cafe & bar noi ダイニングバー(表参道) 


designista-s

 

名称designista-s
TEL042-302-8214
営業時間10:00~18:00
定休日不定休
URLwww.designista-s.net
住所東京都府中市日新町2-19-55
設立2012年
従業員数 1名
対応エリア東京
施工実績 Lily / 串焼き・ワイン(五反田)Thai & Asian restaurant Suan sawan / タイレストラン(五反田)炭火海鮮酒場 魚々楽 / 居酒屋(錦糸町)東京串揚げ 串まる / 居酒屋(新御茶ノ水)Wa dining enjin / 居酒屋(小川町)


 

Hanpro.biz 書籍掲載ページ

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top