繁盛店づくりのプロフェッショナル

Designer 新谷 憲司

Professional Designer

新谷 憲司

新谷 憲司  株式会社3/atelier 3

■主な経歴■

1995年 空環計画研究所 入社

2005年 デザイン集団design label KNOT立ち上げに参画

2012年 株式会社3を共同設立

■事業内容■

飲食店、ブティック、サロン、住宅などのジャンルを横断してデザインを行う。

飲食店以外に近年は、black by MOUSSY 各店(アパレルブランド)、CECILEのリアル店舗(アパレルブランド)、femme arts(ヘアサロン)など。

 

 

繁盛店づくりに欠かせない”バランス”を重視

「素材感が好きなんです。手に触れるところが自然の素材だと、温かみや落ち着きを感じますから」と3/atelier3のデザイナー、新谷憲司氏。木のぬくもりや左官で仕上げた壁のしっとりとした質感。なるほど、彼が手掛けた店舗を見れば、華がありながらもどこか癒しの雰囲気が漂い、訪れる客に心地よい時間をもたらしてくれる。

新谷氏のデザイナーとしての第一歩は、大規模なプロジェクトや官公庁などを得意とするデザイン会社から始まった。独立後は展示会や秋葉原駅前の再開発などを手掛ける。だが、もっと生活に密着した分野をとの思いから、フリーランスを経てデザイン集団KNOTに参画。「オーナー、来店客どちらの反応もダイレクトに見える飲食ならではのおもしろさにはまった」。そして2012年、満を持して3/atelier3を設立する。

 

image

  Brasserie &Bar Super Hero バー(自由が丘)

 

オーナーの感性を表現するデザイン

「“3”には、お客様=デザイン=施工、この三位一体との思いを込めました」。3者のバランスをとりつつ、オーナーのカラーを出す。そのために重要となるのがヒアリングだ。ある客は好みを伝えるため、好きなCDや映画をどっさり送ってきたとか。「びっくりしましたけど、その方の感性がよく分かり、とてもデザインしやすかったですね」。とはいえ、まず予算ありき。「条件のもと、アイデアを出すのが設計監理の仕事だ」と新谷氏。来店客同士がゆったりと会話をするような空間にしたいならば、それに見合ったテーブル数と回転率がある。地域に密着した小さな店ならば、あえてぎゅうぎゅうに客を詰め込むことで、親近感やコミュニティとしての連帯感を演出する。工事を担当する施工との連携も重要だ。「いいバランスで情報を共有し、みんなでつくっていくというのが僕のスタンスです」。

 

image

  串もん酒場 ちび九炉 居酒屋(西新宿)

 

ネット時代の新たな繁盛店のあり方

「いまは飲食店をネットで探す時代ですよね。つまり、駅前の一等地でなくても、勝負できるという面白さがある。隠れ家的な店を見つけて友人たちを連れていく。商店街の一番外れに人気店ができる。この現代ならではの店のあり方を盛り立てるのが店のコンセプトであり、店主のキャラクターではないでしょうか」。ただキレイなだけの店では長く続く繁盛店となるには不足。店のコンセプトを守りつつ、時代に合わせて進化していく店であることこそ、繁盛店づくりの条件だと新谷氏は考える。「ご一緒に、“明日の老舗” をつくりましょう」。

 

image

  すし太一 寿司(祐天寺)


株式会社3/atelier3

 

 

名称株式会社3/atelier3
TEL03-6276-7948
営業時間10:00~19:00
定休日土・日・祝日
URLwww.atelier3.biz
住所東京都渋谷区代々木4-28-8 代々木村田第一ビル407
設立2012年
従業員数 3名
対応エリアデザインに関しては海外も含め全国対応。工事については都市部対応。
施工実績 AVANTI各店 / カットハウス(都内各所)saLyu hair resort / サロン(立川)旬鮮酒場 八 / 居酒屋(勝どき)REAL CECILE / ブティック(西大島)BISCAYE / ブティック(新宿)


 

Hanpro.biz 書籍掲載ページ

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top